賃貸併用住宅で大切なこと

自分も住みながら家の一部を賃貸として貸し出すことができる

自分も住みながら家の一部を賃貸として貸し出すことができるので、家賃収入が見込めます。
そうした物件のことを賃貸併用住宅と言いますが、メリットとそうでない面があることは確かです。
まず最大のメリットは空室さえ出さなければ、家賃収入が得られることです。
勤めに出なくても、大家さん業でお金が入るというのはありがたいことです。
もちろん空室を出さないようにするという使命を果たす必要があります。
自分で管理しているのであれば、こまめに告知することと住みたいと思わせる物件にしておかなければいけません。
住む側からすれば、どんな家に住みたいと思うでしょうか。
便利で静かで、安全であり尚且つ家賃が予算内であることです。
これらの条件にできるだけ近くすることは、大家業の最大の課題でしょう。
自分の持ち家を賃貸併用住宅にするには、最初に初期投資をする必要があります。
家の一部を貸し出すわけですから、お風呂やキッチンを備え付けます。
その初期費用を回収できるまでには、ある程度の時間がかかりますから長期的な計画が必要です。
ローンを組んでいる場合は特に、空き家がでる期間のことも計算に入れなければいけません。
自分の住まいの一部を貸し出すわけですから、プライバシーが確保できるような設計にすることも大切です。
二世帯住宅なら家族同士が住みますが、賃貸併用住宅は赤の他人が近くに住むことを意味します。
とりわけ玄関の位置は大切です。

自分も住みながら家の一部を賃貸として貸し出すことができる家を他人に貸すことにはこまごまとした作業がたくさんあります実際の経験者の話は参考になります